ヘアメイク・ヘアセットにおけるマナーについて

髪型にもマナーがある?



結婚式やパーティーなど様々な理由で、ヘアメイク・ヘアセットをする機会があるでしょう。
華やかであれば良いという場合もありますが、結婚式やパーティーの髪型にはマナーがあります。
ヘアメイク・ヘアセットアーティストを目指している人は、マナーについても知っておきましょう。
マナーを知らなければ、常識がないと思われてしまう恐れがあるため、注意が必要です。
例えば結婚式では、花嫁と参列するゲストのヘアメイク・ヘアセットは異なるため、それぞれに相応しい髪型を知っておく必要があります。


花嫁とゲストでは髪型のマナーが異なる



花嫁のヘアメイク・ヘアセットにおけるマナーは、人生の晴れ舞台である結婚式やパーティーにおいて美しく輝ける髪型にすることです。
ヘアメイク・ヘアセットを華やかにしても、ドレスがシンプルであればバランスが悪くなり、髪型だけが目立ってしまいます。
当日着るドレスとのバランスを考えましょう。
しかし、参列するゲストは、派手すぎる髪型は避けなければなりません。
花嫁よりは目立たず、華やかなヘアメイク・ヘアセットをする必要があります。
華やかさを演出しようと、ヘアアクセサリーをつけることがありますが、リボンやコサージュ、シュシュ、ヘアクリップなど、普段から使用するヘアアクセサリーは避けます。
また、ファーや革製品などは動物の殺生をイメージさせるため、毛皮製品も避けるのがマナーです。
ショートヘアの人以外は、基本的にアップスタイルにするのがマナーだと言われています。
その理由は、髪をおろすとラフな印象を与えてしまうためです。
アップスタイルにするときも、派手なヘアメイク・ヘアセットは避けましょう。
様々なマナーがありますが、大切なことは主役の人のことを考えてヘアメイク・ヘアセットすることです。
そして、マナーばかりを意識して、本人の好みではない髪型にならないように注意することもヘアメイク・ヘアセットアーティストにとって大切なことでしょう。