生花を使ったヘアメイク・ヘアセットの魅力

結婚式での生花アレンジとは



大きなイベントにおいて女性はヘアメイク・ヘアセットに力を入れるものです。
中でも最も大きいイベントと言えば結婚式ではないでしょうか。
結婚式の新婦はヘアメイク・ヘアセットをするものですが、そこで生花を髪飾りにしたいと考える女性も多いことでしょう。
生花はほかでは出すことの出来ない美しさがありますが、そこには注意が必要です。
生花は作り物ではありませんので、シーズンによって種類が限定されています。
そのため、自分の結婚式のシーズンに咲いている花の中から選ばなければなりません。
そして、花の中にはオールシーズン手に入るものもありますが、花によって場違いになることもあるのです。
そのため、ヘアメイク・ヘアセットをする前に式場のスタッフに確認しておきましょう。
また、結婚式では事前にリハーサルをするものですが、生花を髪飾りにするとリハーサルが出来ないのです。
そのため、リハーサルでは造花などでアレンジをしましょう。
これによってイメージを掴んでください。


成人式の髪飾りで生花を使う



結婚式も大きなイベントのひとつですが、そのほかに成人式も欠かせないイベントのひとつです。
成人式でも女性はヘアメイク・ヘアセットをするものですが、そこで生花を髪飾りにしてアレンジをする女性もいることでしょう。
それでは、どういった花をアレンジしたら良いのでしょうか。
髪飾りのアレンジのポイントは振り袖に合わせることです。
同系色の生花でヘアメイク・ヘアセットをすることで統一感が生まれます。
そのほかに、帯の色に合わせてアレンジをするという方法もあります。
また、花の色で迷ってしまったら城をおすすめします。成人式は大きなイベントであることから生花を髪飾りにする女性は少なくありませんが、中でも人気の花はバラやかすみ草です。
気品と存在感があるため、成人式にピッタリでしょう。
また、色の種類が豊富なガーベラもおすすめです。