季節を意識したヘアメイク・ヘアセット

春から夏にかけてのヘアメイク・ヘアセット



季節によって、気候がまったく異なるのが日本の風土の特徴です。
髪が受けるダメージもシーズンごとに変わるので、季節に合わせたケアの方法を提案することが大切です。
例えば冬の終わりから春にかけては、動物の冬毛が抜けるように、人の毛髪も抜け替わりが活発になります。
抜け毛が気になる方への対策としては、ヘアメイク・ヘアセットと合わせたマッサージなどの方法があります。
また、夏前には梅雨が来ますが、湿気が多いこの季節には髪の広がりが気になる方が増えてきます。
特にくせ毛の人は、髪がまとまらないことにストレスを感じることもあるでしょう。
そうした場合にはストレートパーマで、髪をまっすぐにする方法も提案できます。
夏に気にしたいのは、やはり紫外線です。
腕や顔のケアは十分でも、髪の紫外線まで気にかけていない例は案外多いのです。
肌と同じように、紫外線は髪にもダメージを与えることを説明して、UVケアの方法を伝えます。
汗もかく季節なので、洗髪は丁寧に行い、汚れはその日のうちに洗い流すよう心がけることも大切です。
ダメージがひどい髪にはトリートメントも合わせたケアを提案しましょう。


秋から冬にかけてのヘアメイク・ヘアセット



秋もまた、春と同様に抜け毛が多くなる季節です。
積み重なった夏のダメージが出てくることもあるので、この季節はより丁寧なケア方法が望まれます。
ヘアメイク・ヘアセットをする際にも、頭皮や髪の状態をしっかりチェックしましょう。
髪の傷みがひどい人には、食事と合わせたケア方法として、かぼちゃやカキを食べることを提案するとよいでしょう。
カキやかぼちゃには育毛効果のある亜鉛が多く含まれているからです。
また、冬になると乾燥が気になり始めます。
静電気が起きやすくなるので、ヘアメイク・ヘアセットのときには、ブラッシングで髪を傷めないよう心がけることが重要です。
ブラシを天然素材のもの、例えば木や豚毛のものと使うと静電気は起きにくくなります。
それぞれの季節に合わせたヘアケアで、より美しいヘアメイク・ヘアセットを目指しましょう。