髪を守るダメージの少ないヘアメイク・ヘアセット

女性にもある薄毛の悩み



薄毛というと男性の悩みのように思われますが、女性でも薄毛に悩んでいる人は多いです。
ヘアメイク・ヘアセットの際に相談されることも珍しくなく、その悩みが意外と深刻であることがわかります。
女性の薄毛の原因は、毎日のスタイリングにあると考えられており、毎日のヘアアレンジで知らずにダメージを与えていることがあります。
しかし、外出の際にアレンジもスタイリングもしない女性は少ないのではないでしょうか。
ヘアメイク・ヘアセットの際には、そのアレンジがどの程度髪の負担になるか、頭に入れておくことも大切です。
例えば逆毛は、ボリューム感を出すためにわざと髪の毛を逆立てるアレンジですが、キューティクルにダメージを与える原因となります。
また、ヘアメイク・ヘアセットの仕上げに使うスタイリング剤も、頭皮へのダメージになることがあるため、注意が必要です。


髪をダメージから守るためには



ヘアメイク・ヘアセットの際に、髪をダメージから守るためにできることがあります。
アレンジの際には気をつけ、お客様の髪にダメージを与えない工夫をしましょう。
まず簡単にできるのは、毎日同じ分け目の方に、分け方を変える提案をお客様にすることです。
同じ部分に分け目を作っていると、その部分から薄毛になってしまう原因となります。
分け目を変えることで、髪へのダメージを軽減させてあげましょう。
また逆毛のアレンジでは、逆毛を立てるときには、しっかりとブロッキングをして、一方向にブラシを動かすように気をつけます。
ブラシを多方向に、何度も動かすやり方では、キューティクルへのダメージが大きくなってしまう恐れがあるのです。
ヘアメイク・ヘアセットを完成させるスタイリング剤も、頭皮につけず、髪にだけ伸ばして使うように注意しましょう。
帰宅後はしっかり洗髪をして、ヘアメイク・ヘアセットに使ったスタイリング剤を洗い流すようアドバイスすることも忘れてはなりません。