顔の形別のヘアメイク・ヘアセットについて

顔の形によってヘアセットの印象はガラッと変わる



ヘアメイクの仕事は、お客様の魅力を最も引き出す髪型を見つけ出し、きれいにヘアセットをして差し上げることです。
しかし、どんな髪型がいいか迷ってしまうことはあります。
スタイリングの参考にするのは、流行の髪型、モデルや女優さんのスタイル、いろいろありますが、頭に入れておいてほしいのが、顔の形によってヘアセットの印象が全く違ったものになるということです。
人気の髪型の中から、お客様に最も似合った髪型を見つけてスタイリングしてあげるのが、ヘアメイクの腕の見せ所です。
おおまかなところでは、5つのタイプに分けられるので、お客様をみてどれにあてはまるか考えてください。
まず、頬がふっくらした、童顔に見えるタイプのお客様は丸顔です。
顔が細く、目と鼻が近い印象があるのは卵型です。
四角型はあごが平らで頬骨が張って見え、ベース型はややエラが張っているような印象を受けます。
頬からあごにかけてのラインがシャープで、ややきつい印象を与えるのは逆三角です。


顔の形ごとのヘアセットの仕方



スタイリングの際には、お客様の顔の形を参考にして髪型を選びましょう。
丸顔のお客様には、顔の丸さが目立たないスタイリングを選びます。
横のボリュームを抑えて、すっきりとしたヘアセットに仕上げましょう。
卵型のお客様に似合うのは、前髪をしっかり作って縦の長さを感じさせないスタイリングです。
ボリュームは下に置くのがベターですので、髪を巻くときはカールが頬より下になるようにヘアメイクします。
四角型のお客様は、縦のラインを強調したスタイリングが似合います。
ボリュームは抑えめに、ヘアメイクはシャープな印象を心がけましょう。
ベース型のお客様は、ひし形を印象付けると頬のラインが目立ちません。
スタイリングの際にはパーマを使って、ふんわりした印象に仕上げます。
逆三角のシャープさは、あごのあたりのカールを華やかに見せます。
トップは抑えて、ボトムの髪をふんわり巻くと、ゴージャスなヘアメイクが完成します。