シーンによって変わるヘアメイク・ヘアセットに対応できる技術

どんなシーンにでも対応できるヘアメイク・ヘアセットのプロ



ヘアメイク・ヘアセットアーティストは、男女共に人気のある職業です。

小さい頃から憧れている人も多いのではないでしょうか。

ヘアメイク・ヘアセットアーティストになるためには、まずはスクールで基礎を学ぶ必要があります。
プロになってからは、お客様やモデルの要望に応えたり、現場によって求められるものが異なります。
そのため、あらゆる仕事を想定してナチュラルなものからモードなものまで様々なバリエーションのヘアメイクに対応できることが必要になってきます。
また、ファッションやヘアメイクなどの美容業界はトレンドの移り変わりが激しく、常に流行の最先端をバランス良く取り入れなければいけません。
バリエーション豊かな技術、最先端の感性を身につけ、様々なシーンで活躍できるヘアメイク・ヘアセットアーティストを目指しましょう。


シーン別のヘアメイク・ヘアセット



ヘアメイク・ヘアセットアーティストは映画やドラマ、ブライダル、テレビ、舞台、雑誌など様々な現場で仕事をします。
例えば、映画やドラマでは、スタッフの要望に応えつつタレントや女優、俳優の特徴を活かしながら、役柄とシチュエーションに合うようにヘアメイクします。
ブライダルでは、仕上がりに重点を置くのはもちろんですが、お色直しのような場面で素早くヘアメイクチェンジができるようなスピード感が重要になってきます。
テレビや映画では、どのように制作されているのかを知り、柔軟に対応していかなければいけません。
舞台では、ライトの加減や舞台の広さなどを意識しながら舞台映えするようなヘアメイク・ヘアセットをします。
また、役を強調するために極端にデフォルメすることもあります。
雑誌では、流行を取り入れて、季節感を出す必要があります。
様々なシーン、現場によって柔軟に対応できることがこの仕事で成功できるために必要な条件になってきます。